投資のメリット・デメリット

投資と聞くととてもリスクがあり難しいものという先入観をお持ちではありませんか?投資には正しい情報と判断力などが必要になってきますが、ポイントを抑えておくことで資産を何倍にも増やすことが可能です。まずは当サイトをご覧ください。

小銭と電卓と筆記用具

投資で大損失を出さないためのポイント

株式取引などといった投資を行う最大の目的は、何と言っても利益を得ることです。損をすることを目的にして投資を行うような人はひとりもいないことでしょう。
しかし、こうした投資においては、相場は絶えず変動しており、思ったように利益が出ないこともあり得ます。株価の急落により、大損してしまう人も中にはいます。
そこで、投資において重要になってくるのが、「いかにして利益を上げるか」ということに加え、「いかにして大損を避けるか」という点です。大損失を回避するために多くの人が実践しているのが、「損切り」という手法です。
投資経験が浅い人の場合、保有する株式の価格が下落すると、「ここで売ったら損してしまう。値上がりするまで待とう」と考える人も少なくありません。
しかし、株価がいっこうに回復せず、結局さらなる損失を招いてしまうというケースも見受けられます。そうしたことを防ぐのがこの「損切り」です。
損切りとは、ある一定水準を下回ったら、その投資での利益は諦め、潔く売却してしまうことを言います。
例えば、株価が取得時よりも5万円を下回ったら売却するとか、10%以上の下落になったら売却する、などといったルールを自分で定めておきます。
しかし、自分で定めた水準にまで株価が下落しても、いざ売却するとなると二の足を踏んでしまいそうだ、という人の場合には、「逆指値」を利用すると良いでしょう。
株価が下落傾向にある時、この逆指値で売却価格を指定しておけば、株価がその水準にまで下落したとき自動的に売却が行われます。
こうして損失を限定的な範囲におさめることで、残った資金を新たな投資に回すことができ、そちらでの成功により今回の損失分を取り戻すことへの機会が開かれます。